投稿

今を生きる皆さんに (由喜満代表メッセージ)

新型コロナウィルスの影響、多くの人が苦しみ、苦しめられています。 

昔で言えば飢饉や疫病、まさにんな時だと思います 

 

さんにお伝えしたいことは無理をしないでほしい。このことに尽きます 

 

苦しいけれど、よさこい祭りも今年は年お休みです 

 

これは自分自身を見直すそしてよさこい鳴子踊りを見直してみる、考えてみるための充電期間なのではないか思います。 

 

例えばよさこいの始まりは一体どんな感じだっただろう。どう変化し、今へと受け継がれてきたのか」。こんな風に、いま一度立ち止まってよさこいの原点について考えてみる。 

 

よさこい祭りの中止をマイナスととらえないで、むしろプラスの方向へ。それが今、私たちに与えられた、よさこい祭りが与えてくれた充電期間といものではないかと思います。 

 

急がないで…慌てないで… 

 

私は、人間いう神様がつくってくれたものではないかと思うことがあります。だから、全てのこと・ものが必要として、この地球上にある人々が頑張って世の中を幸せにしていく、人間の営み、それこそが、人が人であるゆえん、原点だと思います 

 

よさこい祭りもそう。だからよさこい祭りがったあの時と同じように、皆さんのよさこいに対する情熱で、一つずつ乗り越え、段階を踏みながら次への階段を上っていけると信じています 

 

慌てなくても大丈夫です 

足下を見据えて、一歩一歩、歩いていく 

すると道端にそっと咲いている小さな気づくことある「ああ、きょうは空がきれいだなと思うことだってある。 

 

目の前を走り抜ける人がいたとしても、急がなくてもいいんです 

回りの人が走ってるからと、無理して走ろうと思わないで 

自分の体と頭、そして相談して。三拍子あった速度で 

そう、一足一足歩を進めていきませんか。 

 よさこい文化協会 代表

若柳 由喜満

コメントを残す

*